Bits of knowledge

お花の豆知識

お花の豆知識

 

お花をどうすれば長持ちさせる事ができるのか? 

 お花は管理の仕方でもちが変わります 。

 是非試してみて下さい。

お花を長持ちさせるpoint

切り花

ご自分でお花を購入して飾る時のポイントはなるべく短めに飾る事、温度が低い所に飾る事、お水をきれいに保つ事です。あと切り花は風に当たるのを嫌います。玄関などに飾る際、ドアの開け閉めの時風が当たらない場所に飾りましょう。もう一つお花によって花瓶の水の量が変えた方が良い場合があります。たいていはお花の半分ぐらいは水についてていいのだけど中にはそれを嫌う花も有ります。ガーベラなどがそうです。ガーベラなどは水が少ない方が長持ちします。購入する際にお花屋さんに聞くと良いでしょう

アレンジメント

バスケットアレンジメントは【まるよし】のもそうですがどこのお店のも最近は隙間があまりない(空間がない) 物が多いです。そのため飾り始めて少し経つとお花達が開き始めるのですが隙間があまり無い為にお花達がうまく咲けなくなるのです。そこでワンポイント!アレンジメントはしばらくの間はそのままで飾りお花達が開き始めて窮屈そうに見えはじめたらオアシスから抜いてコップなどに一輪挿しとか2,3本づつ飾るとお花がしっかり最後まで開いてくれる事が多いです。オアシスから花を抜き茎の下を切って花瓶に入れましょう。

花束

丈の長い花束は花瓶に活ける際には水切りしてあげるとよりいいです。水切りとはバケツやおけにお水をはりその中でお花の茎を切る事です。そうすることで水が下がる(お花がくたっとおじぎをする)事が減ります

後は花瓶のお水を頻繁に新しくする事その際に花瓶もしっかり洗う事で長持ちしてくれると思います。ワンポイントはずっと長いままで飾らない事です。水を変える時に花茎少しずつ切っていき最後はコップとかに何本かづつ短く飾ってみましょう。

ブーケ

ブーケはやはりアレンジメント同様隙間なく作るので活ける時水切りしてふんわり花瓶に入れる事、花瓶の水は常にきれいになってる事です。お店のラッピングの方法によっては色紙をつけたまま飾れるのもありますがそれでも構いませんがなるべく早めに取った方がお花のためには良いです。

 

切り花活力剤

花瓶の水をきれいに保つのにこの液体はかなり効果的です。水に薄めて使うタイプで【まるよし】でも販売しています。花瓶の場合はそのまま混ぜて使いアレンジメントの場合はこの液体を混ぜた水を足していくとお花が長持ちします。空いたペットボトルに薄めた液体をあらかじめ作っておきそれを足していくと使いやすいですよ。冷やして保管しておくとなおいいです。冷たい水の方が水が汚れにくくなります。その際はまちがって飲まないように気を付けましょう。

 

 

ホーム:ホームへ戻る

お知らせ!

花とみどりのギフト券がご利用いただけるようになりました。

券の販売も致しておりますのでよろしくお願いします。

 

NEW!

ウッドフレームのアレンジメント

¥3240円(税込)

 幅30cm 高さ15cm

 

ご来店でのご注文はコチラ

 

NEW!

竹籠のアレンジメント

¥3240円(税込)

 直20cm 高さ6cm

 

ご来店でのご注文はコチラ

 

NEW!

ウッドトレーのアレンジメント

¥3240円(税込)

幅21cm 高さ9cm

ご来店でのご注文はコチラ

 

NEW!

ブリキカンのアレンジメント

¥3240円(税込)

幅20cm 高さ15cm

 

ご来店でのご注文はコチラ

 

NEW!

アレンジメント3000ラウンドミックス系 

3240円(税込)

 

ご来店でのご注文はコチラ

 

 

花屋まるよしのFacebookページはコチラ>いいね!してくださいね♪

 

誕生花・花言葉

 

inner-wish created this website.